Assassin's Creed

アサシンクリードオデッセイ【レビュー:グラフィック編】華やかな古代ギリシアの景色を堪能しよう!

こんにちは。
つきしろです。

今回はアサシンクリードオデッセイのレビュー「第2段」ということで、グラフィック中心のレビューとなります。

ちなみに前回はステルスを中心にレビューしました↓

アサシンクリードオデッセイ【レビュー:ステルス編】やっぱりアサクリのステルスは楽しい!こんにちは。 つきしろです。 「アサクリはステルスゲーじゃなくなった」 オリジンズが発売された頃から、こんな声を聞くように...

 

今作にもフォトモードという素晴らしい機能があります。

フォトモードとは、ゲーム内でスクリーンショット(以下SS)をいい感じに撮れるようになる機能です。
私がよく使うフォトモードの機能は露出やコントラスト、傾き、DOF(背景ぼかし)あたりです。

せっかくなので、このフォトモードで撮ったSSを中心に、グラフィックのレビューをしていきたいと思います!

コントラストや色合いを大きくいじっているSSはあまりないので、実際のプレイシーンとかけ離れていることはありません。
ご安心ください。

この記事では、グラフィックの素晴らしさを「海、森、草原、街並み」といった観点で伝えていこうと思います。
アサシンクリードオデッセイの雰囲気を感じ取っていただければ本望です!!

それでは早速いってみましょー!

息を呑むほどに美しい海

今作はマップ上に島が多いです。
そのため、海に触れる機会は多くなるのですが、この海が本当に綺麗!

アサクリ4を思い起こさせる、思わず飛び込みたくなるような海です。


「碧」という表現がピッタリな深い色合い。
夕暮れ時に、このような色の海を見ることができます。

特にイカロス視点から見る海は、海中が透けて見えるので本当に綺麗です。


砦や神殿の上から眺める海も開放感あって最高ですよ!!

荒れ狂う地中海を航海!

今作も船に乗ることができます。

アサクリの海戦は相変わらず楽しいですね。
船からの攻撃方法は、4では大砲でしたが、今作は弓と槍となっております。

それでも楽しさは全く変わりません!

むしろ私は大砲を撃たれるとその音で焦ってしまうので、弓と槍のがプレイしやすくて好きです。


荒波で傾くアドレスティア号の船体!
それに構わず指示を出すカサンドラ。

これが本当のスパルタでしょうか…


船を操縦していない時、船員のみんなは休んでいたりします。

こちらは遠くの船をぼーっと眺める二人組。
後ろでSSを撮ってる私も、本当に海を眺めているかのような気分になりました。

それくらい自然に、海や周りの船が表現できているってことだと思います。

激しい海戦の合間にこういったシーンがあると安心感があっていいですよね。
冒険にメリハリがつきます。

美しい夕映えの海!


洞窟を探索した後、山頂の出口でこんな夕日が見れるとホッとしますね〜。

ところで右の木は何でしょう?でかすぎなのでは…?


山頂から眺める海は開放感抜群で、ついついゆっくり動く船を眺めてしまいます。

時間を忘れて眺めることの出来る景色が魅力的!

緑あふれる森と草原

海と同様、本作の森や草原も綺麗です。


その良さがこの1枚に凝縮されている感じがします。
RDR2といい、今作といい、最近のゲームは遠景の表現が素晴らしいですね。

そして遠くに見える山々の全てに行ける!

向こうの山頂まで行って、そこからさっきまで立っていた場所を見るのって最高ですよね。
(え、私だけ?)


ただし、「近いところを表現する際の遠景」は、まだまだ微妙です。

ここは技術の進歩を待つしか無いので、そこまで気にする必要もないでしょう。
フォトリアルなゲームの宿命ですね。

遠景と近景の差が目立ってゲームに集中できない!ってほどでは無いと思います。


こちらは森です。
様々な種類の木が生息しており、森って感じが出ています。

木の種類や密度は満足ですが、個人的にはもう少し地面の草が欲しかったです。
PS4の処理能力では無理かもしれませんが、ちょっと物足りない感じがしました。


場所にもよるのでしょうか。これで草ボーボーだったら最高でした。

まあそのお陰でフレームレートが上がり、快適なゲームプレイが担保されているのであれば、目立たない場所の草が少ないというのは全然ありです。

でも草原にはたくさん生えているので安心してください。

花のバリエーションも豊富!

ノスタルジックな夕景色!


海と同様、森や草原の夕刻は昼間と違った表情を見せてくれます。
夕映えする木や花がとても綺麗です。


昼間とは異なり、どこかノスタルジックな雰囲気が漂います。

後ろに見える木はシダレヤナギでしょうか…?
古代ギリシアにもあったんですね〜。

圧倒的なクオリティで描かれる古代ギリシアの街並み!

歴史上の街並み再現度で、アサクリの右に出るゲームは存在しないでしょう。

もうこれは言うことなしです。
相変わらずのクオリティで素晴らしいです。


こちらはコリンティアのコリントスにあるメインストリート。

コリントスは大きな商業都市で、エーゲ海とコリントス湾の港を通して様々な商品を流通させていたようです。
商業が発展しているだけあって、他の都市よりも街が活気に溢れているように見えます。


こちらはアッティカの大アテナイに建設されたパルテノン神殿。

街の富やデロス同盟とやらの同盟資金が保管されていたそうです。
大理石で作られた神殿も素敵ですが、周りに植えられた花も一見の価値ありです。


と、その後ろにはさらなる存在感を放つアテナ像が!!

彫刻家のペイディアスが、黄金と象牙で作ったそうです。

こいつは相当でかいですよ。是非ご自身で登って体感してみてください。
タマヒュンが味わえます。


こちらはアクロコリントスのアフロディーナ神殿。
アクロコリントスは、コリントスを見下ろせる位置にそびえる丘にあります。


こちらの旗は何を象徴するのでしょう?
同じコリンティアである、コリントスやケクリース港でも見た気がするので、コリンティアを象徴する旗だったり…?

鮮やかなピンクとペガサスの刺繍がとても好きです。

旗の質感が素晴らしい!


神殿に掘られている彫刻の立体感なんかもリアルで素晴らしいですね!

桜みたいなピンクの木が綺麗!


こちらは大アテナイのとある住宅街。
ちなみにこれ、個人的に本記事のベストショットです。

春の陽気を感じるのどかな小道。
その横に生えているピンクの木は…何の木でしょうか?

先程のコリントスにもたくさん生えていましたね。

桜…は古代ギリシアに生えてないだろうし、梅でも桃でもアーモンドでもない…。
気になったので花に混ざって生えている葉っぱに注目して調べてみました。


そしたらこれ、「ハナズオウ」でした。「ユダの木」とも呼ばれていますね。

ハナズオウは、イエスを裏切ったユダがその罪を悔い、自身で首を吊った木と云われています。
それに因んで「裏切り、疑惑、不信仰」といった花言葉がついてしまったようです。

とはいえ、キュートなハート型の葉っぱを持ち、鮮やかなピンクの花を咲かせるハナズオウ。
そこにはネガティブな花言葉を感じさせることのない、晴れ晴れとした美しさがあります。

特にコリントスやアクロコリントスにはハナズオウが沢山生えているので、ゲームをプレイした際には是非訪れてみてください。

すっごく綺麗ですよ!

彫刻に陶芸、古代ギリシア文化に触れてみよう

ゲームだから触れられないだろってツッコミはナシでオナシャス。

今作は古代ギリシアの彫刻や陶芸など、様々な芸術作品に触れることができます。


こちらは大アテナイの裏通り。
陶芸職人が集まるエリアでしょうか。

花模様や幾何学模様が描かれた陶器が並んでいます。


こちらは彫刻家の作業場。
大理石や青銅からこんなに細かい造形を表現できるなんて凄すぎます。

美術で蝋石を掘ってハンコを作る授業がありましたが、難しすぎて左右非対称な持ち手を作るので精一杯でした。
確かその持ち手も、握る部分を細くしすぎて折れた覚えがあります…。

そんな経験もあり、本作で登場する彫刻を見ると、その造形の細かさにとても感心してしまいます。

どこかで見たような像がたくさん…


これは狩猟と貞操の女神、アルテミスの像でしょうか。

矢を抜かんとする仕草や、風になびく服が綿密に表現されており、今にも弓を引くかのような臨場感です。

よく見ると弓と矢に色がついています。
私達が普段、書物や映像などで目にする古代ギリシア像に色はついていませんよね。

実際にそれらの彫刻が作られていた時代では、明るいカラフルな色で塗装されていた像もあるようです。
今日では色素が劣化して素材そのものが剥き出しになっている為、真っ白な像に見えるそうです。

本作では塗装済みの彫刻もたくさん見ることが出来るので、見かけた際は色々と観察してみてください。

現物と比較してみると面白いかもしれませんよ!

まとめ

アサシンクリードオデッセイの雰囲気、伝わりましたでしょうか?

本当はもっとSSを載せたかったのですが、これ以上はキリがないのでそろそろ終わりにしておきます。

掲載候補のSSは全部で60枚ほどありました…

本作はアサシンクリードシリーズの中で一番楽しめていると思います。

その理由は、先ほど紹介したグラフィックによるものが大きいです。
まあグラフィックは毎シリーズ綺麗なんですけどね。舞台が好みだったいうこともあります。

末プレイの方は是非購入してみてください。

古代ギリシアの旅は最高ですよ!!

次回はフォトモードの簡単な解説とオススメの撮影方法を紹介したいと思います。
といっても大した内容ではないのですが、「フォトモードが面倒で嫌厭しているけど良いSSが撮りたい!」って方の参考になれば幸いです。

書きました!↓

【フォトモード解説】横着でも出来る!ゲームでちょっといい感じなスクショを撮るための3つのポイントこんにちは。 つきしろです。 今日はフォトモードについて書いていこうと思います。 フォトモードは多機能で素晴らしいですが、人に...

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それではまた~。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です